Convert Kana to Hentaigana Program 正体仮名を変体仮名に転換できるプログラム

When I was in Hokkaidō, I visited the Sapporo Beer Museum. I was impressed by the quality of the beer and the information provided during the tour. But as I was leaving, I saw this.

北海道に行って、札幌ビール博物館を訪れた。ビールの質とツアーで聞いた情報が印象的だと思った。しかし、去っている時、これを見た。

barrels.jpg

I immediately got excited as I realized this was hentaigana, kana characters that became nonstandard after the 1900 script reform. Despite how they are quite rare now, they were very widely used prior to the Meiji period. So how do we read it? Fortunately, there was a translation too.

これが変体仮名(1900綴り革新の後、標準仮名ではなくなった仮名)だと悟り興奮した。最近では珍しいけれど、明治時代以前に広範だった。とにかく、読み方は何だろう?幸い、翻訳もあった。

barrels translation

But let’s say we wanted to write this in a word document. Previously, we would have to save each character as an image, but after the Unicode 10.0 update in June 2017, 287 hentaigana characters are included in Unicode.

仮に、マイクロソフトワードでこの句を書きたい、としよう。以前は、各字をイメージとして保存することが必要だったが、2017六月のユニコード10.0アップデートの後、ユニコードが287変体仮名の文字を含むようになった。

This is all well and good, but how do we actually write these characters. Previously, the easiest solution would probably be to head to Wikipedia (https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%89%E4%BD%93%E4%BB%AE%E5%90%8D) and copy the character you want. But recently, I developed a lightweight program that streamlines this problem. It doesn’t really have a flashy name; I just call it Convert Kana to Hentaigana. To use it, you type the standard kana of the hentaigana you want, and then a list of available hentaigana will appear on the right-hand side. Then, you press the number or symbol of the hentaigana you want, and the program will replace the standard kana with that hentaigana. Here is an example of me typing the sentence on the barrels.

変体仮名を含んでいるのはいいけれど、どうこれらの変体仮名を書こう?以前は、一番簡単な方法はウィキペディアに行って(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%89%E4%BD%93%E4%BB%AE%E5%90%8D)、変体仮名をコピーすることだ。しかし最近、私はこの問題を解決するための軽量プログラムを作った。カッコイイ名前じゃない、正体仮名を変体仮名に変えよう!(Convert Kana to Hentaigana)という名前だ。このプログラムの使い方は、転換したい変体仮名の正体仮名を入力して、右側に使用可能な変体仮名の表が出る。そして、転換したい変体仮名の数、または記号を押すと、プログラムは正体仮名を変体仮名に換えることができる。ここに例として、私は写真に書かれたの文を入力した。

Barrels type example

The font the program uses is called UniHentaiKana (it’s also used on this site). You can download it from https://wakufactory.jp/densho/font/hentai/ . The program can run without the font installed, but you won’t be able to display the text in any other programs, so it’s highly recommended.
プログラムが使うフォントはUniHentaiKanaと呼ばれた(また、このサイトで使われている)。https://wakufactory.jp/densho/font/hentai/ からダウンロードできる。このフォントをインストールせず、このプログラムが実行できるけれど、他のプログラムではテキストが表れないので、フォントのインストールを強く勧める。
You also might notice, Kana Only Mode. What this mode does is suppress the Windows Japanese IME after each kana, so that the kanji selection box doesn’t interfere with the hentaigana selection box. Basically, it avoids this.

また、仮名だけモード(Kana Only Mode)にも注目してほしい。このモードは格仮名を入力した後で、漢字の選択のボックス(IMEボックス)が変体仮名の選択のボックスが差し支えないように、ウィンドスの日本語のIMEを使用できないようにした。つまり、この機能が、以下の問題を防ぐ。

cant see list

This mode would be more convenient if you’re only typing in kana. For example, if you were typing the hentaigana iroha poem, it might be more convenient to use Kana Only Mode. (Whenever there is a squiggle underneath the text, there is a Windows Japanese IME selection box; I couldn’t capture it with my screen recorder).

このモードでは、仮名だけで書いた方が便利だろう。例えば、変体仮名いろは歌を入力するとしたら、仮名だけモードの方が便利だろう(テキストの下に波線がある時、ウィンドスの日本語のIME選択ボックスが出ている。スクリーンレコーダーはそのボックスを読み込めない)。

変体いろは47字

kana mode

So, what are you waiting for? Why don’t you digitize some old texts, or just mess around with this program? You can download it from http://www.mediafire.com/file/m2ctjxa4y9w5ycd/ConvertKanaToHentaigana.zip today!

さあ、そこの君、今、暇をしている?だったら、このプログラムを使って、古いテキストをデジタル化しよう!http://www.mediafire.com/file/m2ctjxa4y9w5ycd/ConvertKanaToHentaigana.zip からダウンロードできるよ!

The Origin of Hiragana /wu/ Kana 平仮名のわ行うの字源

Introduction 紹介
When I decided to learn Japanese, the first thing I did was to type random kana characters using the kana keyboard to try to understand how the keyboard works. This brought me to the gojūon chart and from there I learned what kana is. So naturally, the gojūon chart and I go way back. But I believe it was when I started doing research on Kobun Tomodachi that I first encountered the Internet famous complete gojūon chart.

日本語を勉強し始めた時、まず最初に日本語キーボードの機能を理解するために、仮名キーボードで無作為な仮名を入力してみた。そのうち、五十音図の表を見つけ、この表から仮名を勉強した。そしてこのころから、五十音図は私の友達になった。しかし、初めて有名な五十音図の表に出会ったのは、古文友達の研究し始めた時だと思う。

wikipedia image hiraganawikipedia image katakana

Personally, I think this image is so intriguing on the internet because it’s aesthetically pleasing to have a complete chart, and at such a great quality. But of course, this begs the question, where did the hiragana /wu/ character come from? It’s pretty well-known that kana are derived from kanji but looking at the also internet famous Kana Development Chart, hiragana /wu/ is the only character whose origin is completely unknown.

個人的に、この表はとても美しい、完成されたクオリティの高い表だと感じ、興味をそそられた。しかし、この表を見ていると、新たな疑問が出てきた。平仮名「wu」はどうやってできたのか?ということだ。仮名は漢字から作られた、ということはよく知っているが、インターネットで有名な仮名発展図を見ると、平仮名「wu」だけ字源ないことに気づいた。

kana development chart

So naturally, I became intrigued in this one character whose origin was unknown. And now, I am pretty confident that I have found its origin.

だから、字源がわからない仮名に興味を持った。そして独自研究の末、「wu」の字源を見つけた。

So that’s what I’m going to explain to you today. But before we begin, I would like to specify that this is not an academic article. Some of the background information I will accept as canon, even if I cannot find a scholarly source backing it up. I write this more as a keystone investigation to encourage future more serious study.

今回はこの「wu」の字源について説明する。まず初めに、これは学術的な記事ではないということを明言しておく。研究に使った情報について、学的な文献を見つけられなかったとしても、それらの情報は正しいとして研究を続ける。将来、この分野の研究がより発展するように、この研究をキーストーン調査として行う。

Phonetic Background 音声的背景
In the Nara period, the /e/ and /ye/, /i/ and /wi/, and /o/ and /wo/ sounds were distinct. /ye/ merged with /e/ before the creation of hiragana and katakana. /wi/ and /we/ merged with /i/ and /e/ respectively after the creation of kana, and thus have kana representations (ゐヰ and ゑヱ). However, the /yi/ and /wu/ sounds have never existed in the Japanese phonemic inventory.

奈良時代に「e」と「ye」、「i」と「wi」、「o」と「wo」の音は区別されていた。平仮名と片仮名が作られる前に、「ye」が「e」は同化した。仮名が作られた後、「i」と「wi」、そして「e」と「we」は同化した。そしてこれらが仮名文字(ゐヰ、ゑヱ)となった。但し、「yi」と「wu」の音は日本語に存在したこがない。

Internet Investigation on Hiragana /wu/ 平仮名「wu」に関するインターネットの調査
In Japanese, the term for /wu/ is W-Row U or わ行う. In the time of writing, there only exist Wikipedia pages on the topic in Japanese, Korean, and Chinese. The Japanese Wikipedia page of /wu/ in spring 2018, when I started researching for Kobun Tomodachi, had much less information than today. The relevant aspect is that Japanese page had the gojūon chart (though the source was not listed) and the page stated the origin of the katakana /wu/ is 宇 and the origin of hiragana /wu/ is 㐵. But besides the Chinese Wikipedia page, I could not find any other sources with the origin of hiragana /wu/ as 㐵. So ultimately, I just decided to put 宇 as its origin in my app (a decision I now think was very foolish). But fast forward to March 2019 and while I’m re-checking the information in my app, I come across an updated Wikipedia page. Now, the listed origin for hiragana /wu/ is 汙, with a source of a GlyphWiki character page, which claims they are related. A little Google search and I come across a tweet from @Umihotarus, explaining the decision. 汙 is a variant form of 汚, which was used as a man’yōgana for /u/ in the Nara period. Okay case closed, but not yet. The Wikipedia page, thanks to the research by Dr. Kazuo Mabuchi (馬渕和夫) in A Discussion on the Fifty Sound Chart (五十音図の話), has finally named the source of the famed complete gojūon chart, 綴字篇 by Junkichi Katayama (片山淳吉). Also, the page now mentions that the distinct characters for /wu/ and /yi/ were first created in 音韻仮字用例 by Hirokage Shirai (白井寛蔭). Now, I had a place to start, and my own research could commence…

日本語で「wu」はわ行うと呼ばれた。この記事を書いたとき、「wu」のトピックについて、日本語と韓国語と中国語のウィキペディアのページだけがあった。2018年の春、古文友達の研究を始めたころ、わ行うに関する日本語のウィキペディアページの情報は、今日のウィキペディアの情報量に比べてずっと少なかった。注目すべきは日本語のページには五十音図(参考がなかった)があり、そこで片仮名「wu」の字源が宇で平仮名の「wu」の字源が㐵だと述べられていた。中国語版ウィキペディアでも平仮名「wu」の字源が㐵である、ということを証明する文献の記載はなかった。私は仕方なく、自分の作ったアプリに、「wu」の字源が宇だと書いた(でも、今になればこれは間違いだったと思う)。しかし2019年三月にアプリの情報が正しいかどうか再確認している時、更新されたウィキペディアページに気づいた。GlyphWikiページによると、平仮名「wu」の字源が汙であると述べている。グーグルサーチをすると、@Umihotarusによる、その字源の決定についてツイートを見つけた。「汙」は奈良時代に万葉仮名「u」として使われた「汚」の変化系だ、と述べた。主旨は理解したが、腑に落ちない。馬渕和夫の「五十音図の話」によると、そのウィキペディアページにある有名な五十音図は、片山淳吉の綴字篇であるとわかった。また、そのページは「wu」と「yi」とが区別された仮名は白井寛蔭の音韻仮字用例で初めて作られたと述べている。これらの知識をもとに、私はこの分野に関して研究し始めた。

The Origin of the Distinction 区別の原始
So, as I mentioned before, the characters for /wu/ and /yi/ were first created in 音韻仮字用例 by Hirokage Shirai (白井寛蔭). However, this isn’t exactly true in that he didn’t invent the kana, he just designated specific ones used for /i/, /e/, and /u/ to /yi/, /ye/, and /wu/. I provided the kana he designated below with the kanji he suspects to be the origin next to it. The kanji in parenthesis is the more generally accepted origin kanji.

以前述べた通り、「wu」と「yi」の仮名の区別は白井寛蔭の音韻仮字用例で初めて作られた。但し、これらの仮名は白井寛蔭の音韻仮字用例以前に存在していたので、「「wu」と「yi」の仮名の区別は白井寛蔭の音韻仮字用例で初めて作られた。」ということは正しくない。白井寛蔭が作ったのではなく、「yi」、「ye」、「wu」を表現するために「い」、「え」、「う」という特別な仮名をあてがった。下の表は、私は白井寛蔭が字源を推測して指定した仮名を書いたものだ。かっこ内の漢字がより一般的な字源として世間に受け入れられているものだ。

/i/い 伊 (以) イ 伊
/yi/𛀆 以Ya-yihira.jpg 以
/u/𛀍 有 ウ 宥(宇)
/wu/う 于 (宇) 于 宇
/e/え 衣 〈  衣
/ye/𛀏 盈 ye katakana 廷


Real origin 2Real origin 1

Obviously, this system did not catch on entirely.

しかし、人々は次第にこのような仮名を使わなくなった。

Various Meiji Era Gojūon Systems 明治時代の様々な五十音システム
A difficulty in studying the origin of kana is that different sources say different information. Below I’ve listed some Meiji era systems.

仮名の字源を研究することの難しさは、様々な文献がことなる情報を述べていることだ。以下は、明治時代あたりの五十音システムだ。

Here is the system in かなづかひ教科書 (1886).

これがかなづかひ教科書(1886年)のシステムだ。

system1.jpg

Here is one from 小学教授書 (~1873).

これが小学教授書(~1873年)のシステムだ。

system2-b.jpgsystem2-a.jpg

Here is one from 小学日本文典 (~1874).

これが小学日本文典(~1874年)のシステムだ。

system3-b.jpgsystem3-a.jpg

And finally, one from 仮名遣 (1891).

これは仮名遣(1891年)のシステムだ。

system4-a.jpg
system4-c-alt.jpgsystem4-b.jpg

We’ll circle back to this chart, because it has an interesting feature I did not notice on first glance…

この表に関してはまた後述べる。一目では気づかない、面白い特徴に後から気づいた。

As none of these differing systems seem to have the hiragana /wu/ found in the textbook, I had no other choice but to turn my attention to the textbook with the complete chart itself.

このシステムには教科書にある平仮名「wu」がないので、完璧な表がある教科書に焦点を当てざるをえなくなった。

Analysis on 綴字篇 綴字篇の分析
I have divided the textbook into the sections below.
1. Introduction
2. Vowels
3. Consonants
4. Voiced Consonants
5. Katakana Gojūon Chart
6. Hiragana Gojūon Chart
7. Hentaigana Gojūon Chart
8. Correct Kana vs Hentaigana
9. Kanji numerals
10. Monosyllabic words
11. Disyllabic words
12. Trisyllabic words
13. Quadrisyllabic words
14. Pentasyllabic and greater words
15. Kan vs Go vs Tō readings of kanji
16. Geminatd Words
17. Handakuten Words

The famous chart is in the Hiragana Gojūon Chart section.

教科書をセクションにわけて下に書いた。
1. 紹介
2. 母字
3. 子音
4. 濁音の父音
5. 片仮名五十聯韻音の図
6. 平仮名五十音字正体の經
7. 平仮名五十音字変体の緯
8. 平仮名正変両体
9. 数目
10. 一綴の語
11. 二綴の語
12. 三綴の語
13. 四綴の語
14. 五綴以上の語
15. 漢呉唐音
16. 促音
17. 半濁音

前に紹介した有名な五十音図は「平仮名五十音字正体の經」の中にある。

textbook2.pngtextbook1.png

Now, Junkichi Katayama published 綴字篇 in 1873 and is the only chart I found to use this specific hiragana /wu/ (though I believe it is mentioned in a later work). We saw other charts use a /u/ hentaigana for /wu/, but none used this specific /wu/ character. Just by looking at this kana, the right radical appears to be 于, so we can assume that if a kanji inspired it, it would have that as its right radical. Looking at the hentaigana chart in my app Kobun Tomodachi, we see that this character does not match any of the Unicode encoded hentaigana /u/ characters.

片山淳吉は1873年に綴字篇を出版し、この本はにある五十音図だけが平仮名の「wu」を使っている(後に他の作品もあるかもしれない)。他の図では変体仮名「u」を「wu」として使っていたが、他のどの図もこの「wu」仮名を全く使わなかった。この仮名を見ると、旁が于のようだから、字源がある場合、旁が于ではないかと考える。古文友達の変体仮名図を見ると、この仮名はウニコードの変体仮名「u」と全く合わない。

hentaigana-u.jpg

Now when I first saw this kana, I just assumed that it took its right radical from its katakana counterpart, and the left stroke was added to match the likes of け, に, は, and ほ (hence why I put 宇 as its origin in Kobun Tomodachi 1.0.0.0). But of course, this isn’t evidence, and the theories on 汙 and 㐵 being the origin make equal sense. So I decided to look a little deeper to see if I could find clues to the origin of this mysterious character.

私はこの仮名を初めて見た時、旁が「wu」の片仮名からできて、「け」、「に」、「は」、「ほ」のように左の画を加えたと考える(だから古文友達1.0.0.0で字源が宇だと書いた)。でも、もちろん、証拠はないから、㐵か汙が字源だという理論にも証拠がない。だから、この不思議な仮名の手がかりを見つけるためにより深く研究することを決めた。

Out of these sections, the Hentaigana Gojūon Chart, and Correct Kana vs Hentaigana sections appear to be the most helpful. As for the Hentaigana Gojūon Chart I have listed the kana and the kanji that inspired it next to it in Unicode.

上記のセクションからの「平仮名五十音字変体の緯」と「平仮名正変両体」は有用に使えそうだ。下記の「平仮名五十音字変体の緯」では、ウニコードで仮名とその字源を書いた。

textbook4.pngtextbook3.png

𛄋𛃰や 也𛃅 滿𛂦𛂁𛁠𛀾𛀚𛀄
𛄎𛃶𛀆𛃉𛂯𛂋𛁦𛁈𛀪𛀇
𛃼𛃥𛃑𛂱𛂑𛁫𛁏𛀬𛀊
𛄒𛄀𛀏𛃔𛂶𛂗𛁲𛁒𛀳𛀑
𛄚𛄆𛃫𛃙𛃀𛂜と 止そ 曾𛀸お 於

Now intuitively, if we just created a kana character based off a kanji, rather than creating a hentaigana for it, it would be easier to just make a sloppier version of it, closer to its original kanji. We also see a similar looking character in the Correct Kana vs Hentaigana section.

直感的に、漢字をもとに仮名を作れば、変体仮名を作る代わりに、字源の漢字に似た雑なものを作るほうが簡単だ。また、「平仮名正変両体」にも同じような字がある。

textbook5.png

So, let’s examine this character more closely.

この字について調べてみよう。

grass script wu1grass script wu 2

If we juxtapose it with the “real” kana character, we see that the “hentaigana” variant appears to just be a sloppier version of the “real” character.

本当の仮名とこの字を比べたら、変体仮名は本当の仮名の雑なバージョンそうに思える。

real wu 1real wu 2

But what does this mean? This implies that the hiragana /wu/ character was inspired by an actual character, and the “hentaigana” variant is just a sloppier version of that kanji!

しかし、これはどういうことだろう?これからわかることは、平仮名「wu」は一つの漢字から作られていて、そして変体仮名はその漢字の雑な版だということだ。

Which Character Inspired Hiragana Wu? どの漢字が平仮名「wu」の字源?
Looking at the right radical of the “hentaigana” variant, I think it’s obvious that it’s 于. It wouldn’t be 干 because that is read as /kan/ and most characters with it as the phonetic component are also read as /kan/. Characters with 于, on the other hand, are read as /u/. But the left side was a little trickier to me. While I’m not an expert in reading different Chinese script styles, it looked to me to be Cursive Script (草書). Intuitively this makes sense as writing man’yōgana in Cursive Script created the intermediary between man’yōgana and kana, sōgana. I looked through Marcus Sesko’s Identifying Japanese Cursive Script for all the characters with the 于 radical on the right. There are two. They are presented below.

変体仮名の旁を見れば、于だということが明らかだ。干の漢字の音読みが「かん」であるから、変体仮名の旁は干ではない。一方、于が旁の漢字は音読みが「う」だ。でも偏の方が私にとってはトリッキーだ。私が字体風格を読む専門家でなくても、それらは草書のように思える。直感的に、万葉仮名を草書で書いた結果、草仮名と呼ばれる仮名と万葉仮名の中間の文字が作られたように思える。私は旁が于である漢字をマルクス・セス子の草書の識別(Identifying Japanese Cursive Script)を調べた。そしてそのような感じを二字見つけた。下に書いてあるものがそれだ。

迂紆

That’s it! 紆 is the origin kanji! Case closed! Well, not exactly. I would like to present some reasons on why I think 紆 is our best theory on the origin of hiragana /wu/ in this textbook.

紆が字源ではないか!だから研究は終わり…ではなかった。ここで私はがこの教科書で、紆が平仮名の「wu」の字源だという論理の一番の根拠を発表したい。

First, this character written in Cursive Script does look extremely similar to the one in the textbook. Second, this textbook was written during the Meiji period, so if one was to pick a character to represent /wu/, one would most likely use a common character then, which is likely still common or at least somewhat common now. Now I’m not saying that 紆 is common at all, but compared to our other options, it appears to be the best. The characters I found with a right radical of 于 are 迂汙吁盱訏扜旴紆虶杅圩玗骬釪㐵㚥䄨趶衧䏏酑䩒. Only 迂 is a jinmeiyō kanji; the rest are hyōgai. However, 迂, 吁, and 紆 are JIS X 0208, so they are not too obscure. Third, let’s look at the other proposed origin kanji, 汙 and 㐵. Here are Cursive Script characters with those radicals. Clearly they could not have produced that “hentaigana” variation.

先ず、草書で書かれた紆という漢字は教科書で見た、変体仮名に似ている。また、この教科書が明治時代に書かれたから、「wu」を表すための漢字を選ぶとしたら、おそらく、その時代によく使われたの漢字を選ぶだろう。そしてそれらの漢字は、今でもよく使われる、また知られているものだ。また紆がよく知られた漢字だとを言っているのではなく、他の漢字に比べて、紆が一番有力である。私が見つけた旁が于の漢字は「迂汙吁盱訏扜旴紆虶杅圩玗骬釪㐵㚥䄨趶衧䏏酑䩒」だ。迂だけが人名用漢字で他は表外漢字だ。然し、迂と吁と紆はJIS X 0208だから、レアではない。最後に、字源として可能性のある汙と㐵を見よう。下記は、その部首を含む漢字の草書体がある。それらが変体仮名の字源でないことは明らかだ。

water.pngperson.png

On the other hand, look at the 糸 radical Cursive Script characters. All of those radicals look the same as the “hentaigana” one.

一方、糸の部首を含む漢字の草書体を見よう。その部首と注目している変体仮名が同じである。

糸

However, I won’t hide that other radicals can produce a Cursive Script radical that looks similar to the one in question. If we look at the hentaigana chart below in Kobun Tomodachi, we can see some examples. However, these examples are outliers and usually those radicals are written differently in Cursive Script.

然し、他の部首が注目している変体仮名に似ている草書の部首を作ることも可能である。下にある古文友達の変体仮名図を見ると、例を見られる。でもこの例えが珍しく、普通はそれらの部首が草書では異なるように書かれる。

hentaigana.png

Another Reference 他の参照
Originally, I thought that there was only one instance of this hiragana /wu/ character, but in doing research for other systems at the time, I think I found another example. Let’s look back to 仮名遣 (1891), which came out after 綴字篇 (1873).

当初はこの平仮名「wu」はその教科書にしかないと思っていたが、研究をしているうちに、「wu」を使った他の教科書を見つけた。綴字篇(1873年)が出版された後の、仮名遣(1891年)を見直そう。

wagyou u kanadukai 2wagyou u kanadukai 1

If we look at the hentaigana section for /wu/, we see a character that looks eerily similar to the Cursive Script form of 紆. This implies that the system of 綴字篇 (1873) wasn’t entirely isolated, and it may have possibly been adapted in other works I have yet to read.

「wu」の変体仮名セクションを見ると、紆の草書を凄く似た字がある。これが意味することは、綴字篇(1873年)の五十音システムは完全に使われていなかったのではなく、私はまだ読んだことのない他の作品に使われていた可能性もある。

Future Research 将来の研究
Looking back, I am pretty convinced that 紆 is the origin kanji for that textbook, but I still think there is room to do more research. I have yet to find any contemporary academic article in Japanese or English purely on this topic, and I question if there even is such a study. I aimed to only start the conversation, not to have all of the definitive answers. I only looked at a handful of systems for /wu/ that appeared during the Meiji period, there are probably many more out there, and possibly even earlier examples. It would be interesting to measure “all” systems and see if they differ based on region or time or something else. Are there other examples of this hiragana /wu/ kana being used? What was the distribution of 紆 during the Meiji period? Why was 紆 selected for /wu/ rather than a man’yōgana for /u/? If you are going to take this upon yourself and do some research, I highly recommend A Discussion on the Fifty Sound Chart (五十音図の話) by Dr. Kazuo Mabuchi (馬渕和夫). He thoroughly explains the history of the gojūon chart and provides many examples of it in the Meiji period.

考えてみると、その教科書の字源が紆だと思っていたが、まだ研究する余地があると思う私はまだわ行うについての現代な英語か日本語で書かれた学的な記事を見つけられなかったため、なこのような研究があったのかさへ疑問に思う。すべて答えを見つける代わりに、研究の準備になるつもりだった。私は明治時代「wu」の一握りのシステムだけを研究した。おそらく、もっとたくさんの例えが、または明治時代よりも前の時代にもあるかもしれない。全てのシステムを調べて、地域や時間や他の何かがもとになって、異なるシステムを生み出しているのかを研究するのも興味深い。この平仮名の「wu」の使う例えがほかにあるだろうか?明治時代の紆が広く使われた原因はなに?どうして、万葉仮名「う」の代わりに、漢字「紆」が「wu」として選ばれたのだろうか?もし誰かがこの研究を続けるならば、馬渕和夫の五十音図の話を研究に入れることを強く進める。彼は五十音図の歴史を詳しく説明し、明治時代の例えをたくさんあげる。

I hope you enjoyed reading this, I’m glad to have a much more definitive answer to a question that I have had for over a year. I also hope that this is well-crafted enough to be a source on Wikipedia, lol.

私は、読者がこの記事を楽しんでくれたら嬉しい。一年間以上考えていたこの質問に対して、ある程度まとまった答えが見つかったから、とても嬉しい。また、この記事がウィキペディアの参考として使えるほどよかったら、うれしいね、笑。
プロフィール

ジェイク・アイアナコーン

Author:ジェイク・アイアナコーン
古文友達というアプリのクリエイター

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム