Microsoft Word Right Vertical Zhuyin Tone Mark Workaround マイクロソフト・ワード右縦寄せ注音声調記号ワークアラウンド

Introduction 紹介
To keep myself occupied during the pandemic, I have been reading and translating kanbun 漢文 and kanshi 漢詩. These refer to texts and poetry written in Classical Chinese. Sometimes these Classical Chinese texts were even written by Japanese authors. Following academic tradition, when I translate these texts to English, I render proper nouns into Hanyu Pinyin. Therefore, I would render 蓬莱 as Pénglái or Penglai rather than Hōrai. When I encountered a proper noun while reading a Classical Chinese text, to remind myself of the Chinese reading for my translation, I originally would gloss the character with Pinyin. For horizontal texts, Pinyin is quite easy to read as it follows the same text orientation of the Latin alphabet, e.g. (zhī). But as Classical Chinese is traditionally written vertically, Pinyin can be quite difficult to read. One can write the Pinyin gloss vertically without rotation (zhī) or rotated 90 degrees (zhī). I find both formats quite cumbersome to read. Therefore, I began to use Zhuyin Fuhao 注音符号.

コロナショックの中、漢文と漢詩を読んで英訳していた。学会の伝統に従って、漢文と漢詩を英訳する際、固有名詞は漢語ピンインで表記する。だから、「蓬莱」がHōrai(ほうらい)のかわりにPéngláiかPenglaiとなるだろう。漢文を読む際に固有名詞がある時、後で行う英訳のために、漢字にピンインを振る。横書きではラーテンアルファベットの文字列の方向に従うから、(zhī)の様に表現され、かなり読みやすい。しかし伝統的に漢文は縦書きで書かれたため、ピンインを読みにくい。ピンインを縦書きで書ける(zhī)。また90度に回転させることもできる(zhī)。両方とも、とても読みにくいと思う。故に注音符号を使い始めた。

Zhuyin Fuhao 注音符号
Zhuyin Fuhao, also known as Bopomofo or Zhuyin, is a transliteration system for Mandarin Chinese. In 1912 the government of the Republic of China established the Commission on the Unification of Pronunciation, an organization to standardize Mandarin pronunciation and create a Mandarin phonetic system. The system they created, Zhuyin, was used in mainland China until 1958, when Hanyu Pinyin became the official transliteration system of the People’s Republic of China. However, Zhuyin continues to be used in Taiwan for teaching Mandarin pronunciation.

注音符号は、北京語の発音記号であり、ボポモフォか注音とも呼ばれる。1912年に中華民国は、「讀音統一會」を創立し、そしてこの団体を通じて北京語の発音を標準化し、北京語の発音記号を作った。創作された「注音」という発音記号は、漢語ピンインが中華人民共和国の公式発音記号になった1958年まで中国大陸で使われた。台湾では現在も、北京語の発音を教えるために注音が使われている。

As for the actual system itself, each Zhuyin character represents either a Mandarin initial, or a medial/final. For example, the Zhuyin character ㄇ is the initial /m/ while the Zhuyin character ㄚ is the final /a/. Therefore, the reading of 媽, /ma/, is written in Zhuyin as ㄇㄚ. Here is a chart of Zhuyin characters with their Pinyin and IPA equivalents.

記号自体、それぞれの注音文字は北京語の声母か介音・韻母で表される。例えば、注音文字「ㄇ」は/m/という声母に表され、注音文字「ㄚ」は/a/という韻母に表される。だから「媽」の北京語の読み/ma/は注音で「ㄇㄚ」と書くだろう。下に、注音文字とピンイン・国際音声記号の相当表を載せた。

zhuyin.gif

Zhuyin is flexible because it can be written both vertically and horizontally. For example, one can gloss 媽 as ㄇㄚ in horizontal writing and ㄇㄚ in vertical writing. Zhuyin can be considered analogous to katakana, because not only are the characters used for phonetic transcription, but they also originate from Chinese characters. For example, the Zhuyin character ㄖ comes from the Chinese character 日 and the Zhuyin character ㄓ comes from the Chinese character 之.

注音は縦書きと横書きができる。例えば「媽」にルビ(振り仮名)を振ると、横書きではㄇㄚとなり、縦書きではㄇㄚとなる。注音は発音記号だけでなく、漢字にも基づく為、片仮名に似ている。例えば、注音文字の「ㄖ」は漢字の「日」から派生し、注音文字の「ㄓ」は漢字の「之」から派生している。

(I would like to have discussed the promulgation and origin of the Zhuyin characters more in-depth, but I encountered much difficulty in finding primary sources on the creation of Zhuyin and its adoption in the early 20th century. Maybe I will return to this one day.)

(注音文字の起源と普及についてより詳しく述べたかったが、注音の創造と20世紀初頭の採用に関する資料が見つからなかった。今後また、このトピックを研究するかもしれない)



I saved the discussion of Zhuyin tones for last because it is the most relevant to this article and thus requires a more in-depth discussion. To indicate tone in Zhuyin four tone markers are utilized. They are as follows.

この記事おいて重要な注音声調記号について、ここで記したいと思う。声調を記すために、下記の四つの記号がある。

Tone 声調
1Omitted 省かれた
2ˊ
3ˇ
4ˋ
5˙

According to The Manual of the Phonetic Symbols of Mandarin Chinese by the Ministry of Education of the Republic of China, “Marks of the four tones should be noted at the upper-right corner of Bopomofo in both portrait and landscape text.

中華民国教育部の『國語注音符號手冊』によると、四声記号は横書きまたは縦書きで、ボポモフォの右上に記すものとされている。

ZhuyinToneMarks.png

However, “The mark of neutral tone should be
しかし軽声の記号は
   a. Noted on the top of Bopomofo in portrait text. For example:
   a. 縦書きでボポモフォの上に記すものとする。例えば
FifthToneVertical.png

   b. Noted at the very front of Bopomofo in landscape text. For example:
   b. 横書きでボポモフォの最初に記すものとする。例えば
FifthToneHorizontal.png

Using Microsoft Word to Gloss Chinese Characters マイクロソフト・ワードで漢字に注音を振る方法
So now that we have a basic understanding of Zhuyin, let’s talk about how I ended up finding this problem in the first place. In addition to kanbun and kanshi, I also have been reading Classical Chinese poems aloud in Mandarin. However, because I find memorizing tones to be quite difficult, I prefer to gloss every single word. Originally, I would gloss them manually, but soon I found that Microsoft Word could do this for me.

注音の基本を説明した今、そもそもどのようにしてこの問題を見つけたかについて話そう。北京語で声に出して、白文を読んでいた。声調はとても覚えにくいから、各漢字に自分で注音を振った。そうしているうちに、マイクロソフト・ワードが注音を振れると発見した。

Now I’m going to discuss how to install Zhuyin support for Microsoft Word. Because Microsoft Office and Windows are frequently being updated, the process to set up Zhuyin glossing for you may be different than what I will describe. If you are having difficulty, please leave a comment and I will try my best to help.

次にマイクロソフト・ワードの注音サポートをインストールする方法を説明する。マイクロソフト・ワードとウィンドウズは頻繁にアップデートされているので、あなたのワードが注音を振るようにセットアップする方法と私が行った方法が違うかもしれない。セットアップできなかったら、この記事にコメントをくれたら、セットアップの手助けができる。

Microsoft Office does not have any Chinese character dictionary itself, so to provide one you need to install the Windows Chinese (Traditional, Taiwan) language pack. To do such, open Word, click on Review, then Language, then Language Preferences, and Install additional keyboards from Windows Settings. From there, press Add a language, and select Chinese (Traditional, Taiwan).

Language_Preferences.png

Install_additional_keyboard_languages.png

InstallLanguage.png

マイクロソフト・オフィスは字典が備え付けられていないから、字典を備え付けるためにウィンドウズの「中国(台湾)言語パック」をインストールする必要がある。インストールするために、ワードで「校閲」をクリックし、「言語」をクリックし、「言語の設定」をクリックして、「Windowsの「設定」から追加のキーボードをインストール」をクリックする。それから「言語の追加」をクリックして、そして「中国(台湾)」を選ぶ。

Language_Preferences_jp.png

Install_additional_keyboard_languages2_jp.png

InstallLanguage.png

After that finishes installing, you need to install the Traditional Chinese Language Pack for Office. You can do this by opening Word, clicking on Review, then Language, then Language Preferences, and finally Install additional display languages from Office.com. From that list choose Chinese (Traditional) and run the file from office.com to install the language pack.

Language_Preferences.png

Install_additional_display_languages.png

インストールを終えた後、「オフィス用中国語 (繁体字)パック」をインストールする必要がある。インストールするために、ワードの「校閲」をクリックし、「言語」をクリックし、「言語の設定」をクリックして、「Office.comから追加の表示言語をインストール」をクリックする。その表から「中国語 (繁体字)」を選んで、Office.comからファイルを実行する。

Language_Preferences_jp.png

Install_additional_display_languages_jp.png

Now that that is installed, let’s try to gloss some characters. First, copy and paste some Chinese characters into Microsoft Word. If Word does not automatically set the proofreading language to Chinese (Taiwan), then do such manually by highlighting the text, click Review, then Language, and then Set Proofreading Language. From there select Chinese (Taiwan) and hit Ok.

Set_Proofing_Language.png

インストールしてから、漢字に注音を振ってみよう。初めにマイクロソフト・ワードに漢字をコピーアンドペーストする。ワードでは校正言語を中国語(台湾)に設定していない場合、テキストをハイライトして、「校閲」をクリックし、「言語」をクリック、そして「校正言語の設定」をクリックする。それから「中国語(台湾)」を選んで、「OK」をクリックする。

Set_Proofing_language_jp.png

Now finally, highlight the text and click the Phonetic Guide button.

PhoneticGuide.png

ついにテキストをハイライトし、「ルビ」をクリックする。

PhoneticGuide_jp.png

Thereupon this menu will open.

Phonetic_Guide_Menu.png

そこでこのメニューが開く。

Phonetic_Guide_Menu_Jp.png

Word is now using Windows’ Zhuyin dictionary to easily gloss the text for you. From my experience, Word is even pretty good at glossing Chinese characters with multiple Mandarin readings, known as duōyīnzì 多音字 or pòyīnzì 破音字, based on the context of the sentence. The only downside is that this method cannot gloss more than about 30 characters at a time, so it is necessary to click the Phonetic Guide button for each sentence.

ワードはウィンドウズの注音字典を使って、漢字に注音を振る。自分の経験からワードは、「多音字」か「破音字」という、複数な北京語の読みがある漢字でさえも、文脈に応じて正しい注音を振れる。この方法のマイナス面は、一遍に約30字の漢字まで注音を振れるから、各文にそれぞれ注音を振るために「ルビ」をクリックする必要がある。



So let’s look at how Word glosses Li Bai’s 李白 8th century poem Quiet Night Thought 靜夜思.
Please note that the text orientation is currently horizontal. The first line is 床前明月光.

そこで李白の8世紀の五言絶句「靜夜思」にワードが注音をどう振るのかを見てみよう。
文字列の方向が横書きだということに注意する。1句目は「床前明月光」である。

Horizontal.png

Overall, this glossing is pretty good in my opinion. I would note that the tone marks are a little high, but that’s just a nitpick. As for the readings themselves, they are also pretty good. Word was able to correctly gloss the duōyīnzì 地 and 頭. The only point of contention is 地上. While I have seen this word glossed as ㄉㄧˋㄕㄤ ˋ(dìshàng) in some sources, the more contemporary pronunciation is ㄉㄧˋ˙ㄕㄤ (dìshang). You can modify the gloss by highlighting the text and pressing Phonetic Guide again.

大抵上手く、注音を振ったと思う。声調記号が少し高すぎるが、まあいいだろう。候補に出てきた北京語の読みもいいと思う。ワードは多音字の「地」と「頭」に正しい読みの注音を振った。問題の一つは「地上」である。この言葉の読みは「ㄉㄧˋㄕㄤ ˋ」(dìshàng)と振られたが、より現代的なの読みは「ㄉㄧˋ˙ㄕㄤ」(dìshang)である。読みを変えるためにテキストをハイライトして、もう一度「ルビ」をクリックする。

After changing the gloss of 地上, here is the result.
「地上」のルビを変えた後の結果はこれである。

Horizontal_Modified.png

But while this looks good, I would argue that Pinyin should be the preferred phonetic guide system of horizontal text, on the basis of how widespread it is. The only reason I am even interested in using Zhuyin is because of the awkwardness of using Pinyin with a vertical text orientation. (That’s also why I will not be commenting on the strange glitches Word has in rendering horizontal Zhuyin). So, let’s change the text orientation to Vertical and see how it affects the Zhuyin. You can change the text direction by going to Layout, and then Text Direction.

TextDirection.png

これはいい結果だと思うけれど、横書きのテキストではピンインが広く使われた為、発音記号に関してはピンインの方がいいと思う。私が注音に注目している理由は、縦書きでのピンインが読みにくいからだ。(ワードでの、横書きの注音のグリッチについて論じない理由はこれである。)そこで文字列の方向を縦書きにして注音が変わるか見てみよう。文字列の方向を変えるために「レイアウト」をクリック、そして「文字列の方向」をクリックする。

TextDirection_jp.png

This yields
生じるのは

Vertical.png

For those unfamiliar with Chinese, you may not notice the difference at first, but compare the Zhuyin in the vertically oriented text to that of the horizontally oriented text. You may notice that the tone of 床 appears to be 4th tone in the vertical text and 2nd tone in the horizontal text. Looking at 舉 reveals the problem: the Zhuyin tone marks are rotated 90 degrees in vertical text orientation. Looking at old Microsoft Community Forums, this bug has existed in Word for a long time. I imagine this is because the user base who would use this feature is so small that there’s little demand to correct it, even if the change in code to do such would likely be quite small. I could get over the tone marks being a tad too high, but the fact that the rotated 4th tone mark looks like the standard 2nd tone mark, and vice versa, is simply unacceptable.

北京語に不慣れな人は違いを見落とすかもしれないけれど、縦書きと横書きの注音を調べてみてほしい。縦書きでは「床」の声調記号が第四声記号のように見えるが、横書きでは第二声記号のように見える。「舉」を見ると、問題がより分かりやすくなる。縦書きで注音声調記号が90度回転するのである。過去のマイクロソフトコミュニティフォームを見てみると、ワードに長い間、このバグがあることが分かる。このバグを直すアップデートが簡単なはずなのにこのバグが長く存在している理由は、ワードで注音を使う人数が少なく、バグを直す要望があまりないからだと思う。声調記号が少し高すぎるのは悪くないけれど、転回された第四声記号が標準な第二声記に似ているのは問題である。また同様に、回転された第二声記が標準な第四声記号に似ていることも問題である。

I tried to find some way to fix this bug, but in short of patching Word, I do not think this bug can be fixed by a user. However, I have created some workarounds to this problem which have decent results.

バグを直そうとしたが、ワードをパッチしない限り、ユーザーが直すことはできないと思う。そこでこのバグを直すためのワークアラウンドを作った。



These workarounds come in the form of macros. A macro is a sequence of inputtable computer instructions. For example, there can be a macro that capitalizes the name of every file in a folder. While a human could manually go through each file and capitalize its name, a macro can save time by doing this task automatically. Microsoft Office macros are written in a programing language called Visual Basic for Applications (VBA). I should note that Office macros have been used as a vector to send computer viruses before, so one should always take caution when enabling or running Office macros of an unknown source. To create a macro in Word, go to View then Macros.

View-Macro.png

このワークアラウンドはマクロである。マクロとはインプットできる命令の順序である。例えば、パソコンでいうと、フォルダーの中にあるファイルの名前の頭文字を大文字にするマクロを作れる。人は手動で各ファイルの名前の頭文字を大文字にすることができるけれど、マクロは自動で頭文字を大文字にすることを可能にするため、使い手の手間が省ける。マイクロソフト・オフィスのマクロはビジュアルベーシック・フォー・アプリケーションズ(Visual Basic for ApplicationsあるいはVBA)というプログラミング言語で書かれた。オフィスのマクロを使う前に、注意するべきことがある。オフィスのマクロを実行すると、ウィルスをもらうことがある。だから起源不明なオフィスのマクロを実行する時には、注意する必要がある。マクロを作るために、ワードで「表示」をクリックし、そして「マクロ」をクリックする。

View-Macro-Jp.png

Then name your macro and then press Create.

Macro-Menu.png

そしてマクロに名前を付けて、「作成」をクリックする。

Macro-Menu-jp.png

This will cause a window titled Microsoft Visual Basic for Applications to open. In this window there will be a text box, and in that text box, you paste the code for your macro.

するとMicrosoft Visual Basic for Applicationsというウィンドウが開かれる。このウィンドウにあるテキストボックスにマクロのコードを貼り付ける。

VBA.png

To run your macro, go to the Macros menu again, select the macro you want, and hit Run.

Run-Macro-Menu.png

マクロを実行するために、「マクロ」をクリックし、実行したいマクロを選んで、「実行」をクリックする。

Run-Macro-Menu-jp.png



Before we begin discussing the macros, I would like to note that my macros involve replacing all instances of certain text sequences. While possible to undo the macro’s changes using the standard Word undo button, you will need to press undo for each replaced sequence, which can be very cumbersome. So, I recommend backing up your original text before running any of these macros, especially when you are not exactly sure which macro would best suit your needs.

私が作成したマクロについて話す前に、このマクロが特定のテキスト一連を変換することに注意してほしい。「アンドゥ」のボタンで、マクロが実行した作業をそれ以前の状態に戻すことができる。しかし私が作成したマクロでは、変換したテキストそれぞれに「アンドゥ」することが必要になり、とても大変である。だからどのマクロが一番適当かわからない場合、マクロを実行する前に、原本をバックアップすることを勧める。

So, without further ado, let’s get macroing.
それではマクロを作ろう!

Workaround #1: Reverse Tones 2 and 4 ワークアラウンド#1:第二声記号と第四声記号を交換
As I said before, the most egregious problem of having the rotated tone marks is that the rotated 2nd tone mark looks like the standard 4th tone mark and vice versa. While the 3rd tone mark looks unappealing, at least there is no confusion in what it is. Therefore, the simplest solution is to change the 2nd tone marks into 4th tone marks and the 4th tone marks into 2nd tone marks. To do this
   1. I replace all 2nd tone marks (U+02CA) with the string “UPTONE”
   2. I replace all 4th tone marks (U+02CB) with 2nd tone marks
   3. I replace all instances of the string “UPTONE” with 4th tone marks

転回した声調記号の最大の問題は、転回した第二声記号と標準な第四声記号が似ていること、そして逆もまた然りであることだ。転回した第三声記号は、他の声調記号と形が異なるので混同しないだろう。一番簡単な解決法は、第二声記号を第四声記号と交換し、第四声記号を第二声記号と交換することだ。方法は、
   1. すべての第二声記号(U+02CA)を「UPTONE」という文字列とする
   2. すべての第四声記号(U+02CB)を第二声記号とする
   3. すべての 「UPTONE」という文字列を第四声記号(U+02CB)とする

Keep in mind that if your document has the string “UPTONE” in it, that string will be changed into a 4th tone mark. Also, in case you do not like the results, running this macro again will revert the tones to their original form. This macro also runs very quickly because it only needs to search the document three times.

ドキュメントが「UPTONE」という文字列を含んでいたら、その文字列が第四声記号になる。その上で、もし結果が気に入らない場合、もう一度このマクロを実行すると、記号が原型に変換される。このマクロのプロセスは、ドキュメントで三回検索する必要があるから少しだけ時間がかかる。

The output of this macro is
このマクロのコードは

ReverseTones_Bopomofo.png

The code for this macro is
このマクロのコードは

Sub ReverseTones_Bopomofo()
Dim rngStory As Range
For Each rngStory In ActiveDocument.StoryRanges
With rngStory.Find
.Text = ChrW(714)
.Replacement.Text = "UPTONE"
.Wrap = wdFindContinue
.Execute Replace:=wdReplaceAll
End With
With rngStory.Find
.Text = ChrW(715)
.Replacement.Text = ChrW(714)
.Wrap = wdFindContinue
.Execute Replace:=wdReplaceAll
End With
With rngStory.Find
.Text = "UPTONE"
.Replacement.Text = ChrW(715)
.Wrap = wdFindContinue
.Execute Replace:=wdReplaceAll
End With
Next rngStory
End Sub

While not perfect, someone with a rudimentary understanding of Zhuyin tone marks should have no difficulty in identifying the tone of the glossed character. But even if understandable, the rotated 3rd tone mark still does not conform to the Zhuyin standard. The quest to properly rotate the 3rd tone mark led me to Workaround #2.

この声調記号が完璧ではなくても、初歩的なレベルで注音声調記号がわかる人であれば、注音が振られた漢字の声調を指摘するのは難しくないだろう。しかしこの結果では第三声記号が理解できるが注音標準に従っていない。これを直すためにワークアラウンド#2を作った。

Workaround #2: Use Combining Characters ワークアラウンド#2:結合文字の使用
Without going into character encoding too much, a Combining Character is a diacritic that combines with another character. For example, the combining character ◌̅ (U+0305) can combine with ‘e’ to create e̅. These contrast with Spacing Modifier Letters, the type of independent characters which the Zhuyin tone marks are. And fortunately, when the combining characters ◌̀ (U+0300), ◌́ (U+0301), and ◌͐ (U+0350) are rotated 90 degrees, they look very similar to the Zhuyin 2nd, 4th, and 3rd tone marks respectively.

結合文字とは、他の文字に結合できるダイアクリティックである。例えば、「◌̅」(U+0305)という結合文字を「e」に結合すると、「e̅」になる。結合文字は、注音声調記号の独自な文字種類であるスペース調整文字と異なる。幸いことに結合文字の「◌̀」(U+0300)と「◌́」(U+0301)、「◌͐」(U+0350)を90度回転すると、それぞれ注音の第二声記号と第四声記号、また第三声記号に似ている。

But to which characters will these Combining Characters combine? For the output most accurate to the Zhuyin standard, they should combine with the final Zhuyin character. The simplest way to do this is to look for every combination of Zhuyin final and Zhuyin tone mark. This means that the entire document needs to be searched sixty-nine times. Therefore, this macro can take some time to run.

では、結合文字(「◌̀」、「◌́」、「◌͐」)はどのような文字に結合するだろう?注音標準に準ずる結果にするために、注音韻母と結合すべきである。そうするための一番簡単な方法は、すべての注音韻母とすべての注音声調記号の組み合わせを検索することある。つまり全てのドキュメントを69回、検索することが必要である。だからこのマクロには長い時間がかかる。

The output for this macro is
このマクロの結果は

Vertical_Bopomofo.png

The code for this macro is
このマクロのコードは

Sub Vertical_Bopomofo()
Dim rngStory As Range
For zhuyinchar = 12563 To 12585
For Each rngStory In ActiveDocument.StoryRanges
With rngStory.Find
.Text = ChrW(zhuyinchar) & ChrW(714)
.Replacement.Text = ChrW(832) & ChrW(zhuyinchar)
.Wrap = wdFindContinue
.Execute Replace:=wdReplaceAll
End With
With rngStory.Find
.Text = ChrW(zhuyinchar) & ChrW(715)
.Replacement.Text = ChrW(833) & ChrW(zhuyinchar)
.Wrap = wdFindContinue
.Execute Replace:=wdReplaceAll
End With
With rngStory.Find
.Text = ChrW(zhuyinchar) & ChrW(711)
.Replacement.Text = ChrW(848) & ChrW(zhuyinchar)
.Wrap = wdFindContinue
.Execute Replace:=wdReplaceAll
End With
Next rngStory
Next
End Sub

I like how the lines are much closer together than when using Spacing Modifier Letters, but unfortunately this leads to the tone marks occasionally being quite difficult to see. For example the tone mark on 是 can be easy to miss, especially if one prints out the page. On top of this, there is the quite lengthy search process. To combat a few of these issues I present Workaround #3.

スペース調整文字を使う時に比べて結合文字を使う時は、行間がより短いのが良いが、あいにくなことに声調記号をところどころ見落としやすい。例えばパソコンの画面上では「是」の声調記号を見落としやすい。このドキュメントを印刷すると、より見落としやすくなる。その上にこのマクロの実行にはたくさん時間がかかる。この問題を緩和するために、ワークアラウンド#3を発表する。

Workaround #3: Use Combining Characters after the Final ワークアラウンド#3:声母後における結合文字の使用
To help alleviate the problems of the second macro, difficulty in seeing the tone marks and how long it needs to run, I created my third macro. This macro uses Combining Characters, but instead of attaching them to the Zhuyin final, they are instead attached to a whitespace character (U+0020) which is appended after the final. This macro only searches the document three times, so it is quite fast.

声調記号の見落としやすさとマクロの実行の時間がかかるという2つ目のマクロの問題を緩和する為に、3つ目のマクロを作った。このマクロは結合文字を使用しても、注音声母に結合する代わりに、声母後に追加した間隔文字(U+0020)に結合する。このマクロはドキュメントを3回しか検索しないので、とても早い。

This macro results in
このマクロの結果は

Vertical_ModifyLast_Bopomofo.png

The code for this macro is
このマクロのコードは

Sub Vertical_ModifyLast_Bopomofo()
Dim rngStory As Range
For Each rngStory In ActiveDocument.StoryRanges
With rngStory.Find
.Text = ChrW(714)
.Replacement.Text = ChrW(832) + " "
.Wrap = wdFindContinue
.Execute Replace:=wdReplaceAll
End With
With rngStory.Find
.Text = ChrW(715)
.Replacement.Text = ChrW(833) + " "
.Wrap = wdFindContinue
.Execute Replace:=wdReplaceAll
End With
With rngStory.Find
.Text = ChrW(711)
.Replacement.Text = ChrW(848) + " "
.Wrap = wdFindContinue
.Execute Replace:=wdReplaceAll
End With
Next rngStory
End Sub

I don’t think this macro completely resolves the difficulty in seeing the tone marks, for example 床, but for other characters, like 是, it does help.

このマクロが声調記号の見落としやすさを、まるっきり解消するとは思わない。例えば「床」の声調記号はまだ、見落としやすいと思う。ただし他の漢字、例えば「是」の声調記号は2つ目のマクロの結果に比べて見やすいと思う。

Conclusion 結論
At the end of the day, these macros are only workarounds to the problem. If you want true Zhuyin support, you are likely better off using another program rather than Microsoft Word. However, if you just need basic vertical Zhuyin support, I think my macros make Word an option. They may not have the cleanest execution, but at least their results do adhere to the Zhuyin standard. I also would like to note that I have very limited experience in VBA, so I am sure that there is some way to make this code more efficient or the output more presentable. If you have any suggestions, please leave a comment. Also, if you are interested in getting this bug fixed, feel free to leave feedback within Microsoft Word (Help, Feedback, and then I don’t like something) and also upvote this UserVoice suggestion.

Feedback.png

結局のところ、このマクロには問題があり、完全な解決には至っていない。より正確な注音サポートが必要であれば、マイクロソフト・ワードのほかのプログラムを使った方がいいと思う。しかし、簡単な縦書きの注音サポートが必要であれば、私のマクロを使うと、ワードでできると思う。このマクロは効率的ではないが、ワードで注音声調記号を注音標準に準じさせることができる。私はVBAの経験があまりないから、結果をもっと良くするために、誰かがコードを変更できる可能性もあると思う。提案があったら、コメントしてほしい。更に、もしこのバグを直したければ、マイクロソフト・ワードでフィードバックを提出してほしい(「ヘルプ」、「フィードバック」、そして「問題点、改善点を見つけた」)。またこのユーザーボイスの提案をアップボートする。

Feedback-jp.png

I am pessimistic that this issue will be resolved because it affects so few people, but because I imagine the fix to be quite simple, who knows, maybe we’ll get lucky.

この機能を使う人がとても少ないため、バグを直していない恐れがあるが、このバグの改正が簡単だそうだから、運良く直してくれるかもしれない。

Post a comment

Private comment

プロフィール

ジェイク・アイアナコーン

ジェイク・アイアナコーンが日本語を勉強しようと思ったきっかけは、2014年に訪れたディズニー・ワールドの世界の文化展示エリアで、日本文化を体験したことです。日本語が分かるようになりたいと思い、自分で平仮名、カタカナを覚え、単語や文法、そして漢字を独学で学びました。そのうちに日本語を勉強することが好きだということに気づきました。2015年頃には古典日本語の記事を読み、とても興味を持ったので、古代日本の言語と文化の勉強も始めました。また『古文友達』というアプリを作りました。将来は日本で古典文学を研究し、その素晴らしさを世界中に広める研究者になりたいです。みなさんにこのブログの記事を読んでもらい、楽しんでもらえたら嬉しいです。また私の記事に関して思ったことなどコメントしていただけると幸いです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム